このページは、セブン銀行の株価をチャートから予想していきます。なぜ、セブン銀行を予想していくかというとヤフーファイナンスで、アナリストが強気との情報を厳選銘柄として発しているからです。

 

セブン銀行は、セブンイレブンに設置されているATMのようなものをイメージしてもらうととても解りやすいと思います。コンビニでお金をおろす際の手数料が収益の柱になっている企業です。

 

全国に2万台以上設置されています。私も、以前は初期の頃に株をもっていました。従業員は500人ほどいます。機械のトラブルや貸付をするのが主な仕事になっています。では、さっそくチャートを見ていきましょう。

 

セブン銀行のチャート

 

チャートは、2016年の11月につけた底値の288円からきれいに上昇相場を描いていて、現在はややもみ合っている状況ですね。トレンドフォローを得意とする私としては買うところがないというのが正直なところです。

 

うまみがありません。セブン銀行の場合は、431円を上回ってくるかどうかといったところでしょうか。この高値の431円を抜けてくるとまだまだ上昇相場が続くことが予想されます。

 

一旦大きなトレンドが形成されていますので、もみ合いの中でも上にいく可能性は高くありますが逆の展開も予想しておかなければならないでしょう。もし、私が買うとすれば直近の安値400円の下に損切を置いて購入になります。

 

セブン銀行の場合は、100株単位で購入できますので資金が5万円いらないというのもいいですね。こういった安く買える株は私のように資金が少ないタイプにはありがたいですね。

 

では、次に一応長期のチャートもみておきましょう。私の場合はトレンドフォローを得意としていますので長期のチャートと短期のチャートは両方見るのが必須になります。なので、必ず両方見てから買いに入ります。

 

長期のチャート

 

5年足の長期のチャート見るとまだまだ上げる可能性は高いというのがわかりますね。底値が288円になっていますので最も高い661円に向けてじりじりと上げていっています。

 

現状はやや過熱感こそありますがキレイなチャートですね。出来高も多くなってきていますので長期的には買いになるのかなと思います。ただ、何度も言いますがトレンドフォローをメインの手法としている私としてはやや遅いかな。

 

もっと早いタイミングで入らないと儲けることができないので、今回は買いは見送りということになります。ただ、スイングやっている人であれば買うチャンスはあると思います。

 

短期のところでもお話ししたように431円を抜けたあたりで買うというのはありだと思います。あなたがどのような手法で取り組んでいるかによって異なりますが、上がるか下がるかの確率でいうと上がる可能性が高いと予想します。

 

セブン銀行株価の今後を予想

セブン銀行の株価については、まだ上昇の余地があると予想します。もちろん、下がる可能性もありますがまだまだチャートでみる限り強い相場になっていますね。

 

特に長期的に見ると、まだ上がる可能性が高いと思います。今から買うとなると431円を抜けた432円での購入かなと思います。持っているのであれば、短期で青の移動平均線を下回ることがなければ保有でいいでしょう。

 

逆に言うと、青の移動平均線を下回るようなことがあると売りのサインになります。適切なところで利確しましょう。セブン銀行は、今から買うのは個人的にはないのですが、スイングをしているのであればありかなと思います。

 

また、銘柄選定で悩んでいるのであればプロの投資顧問が無料で今熱い銘柄を3つ無料で教えてくれます。現在、会員数も6万人を超えていますのでとても安心できますよ。今、材料になっている虫関係の銘柄も教えてくれます。

プロ特別3銘柄を無料で公開はコチラ