リコー(7752)の株価の現在のチャートは買いだと思い、買いました。購入日は実は、今日ではなく前回の「リコー株価は配当も考えてみてもいい中長期投資におススメ!」で記事にした翌日の1月25日に購入しています。

 

 

私の購入価格は1,008円です。1/27日の終値現在で、1,035円と上げています。リコーの株価は現在出遅れていることもあり、ずっと注目はしていました。チャートで再度確認しておきましょう。

 

 

804円の安値を付けてからは、持ち合いで推移していました。それが、1月26日のところで1,027円のところを突破してきました。現在は、1,065円を上抜けするのか様子見している状況です。

 

 

1,065円を抜けてきたらだいぶ上値が軽くなってきますね。その次の節目は、1,213円になります。しばらくは、損切さえおいておけば株価をしばらく見なくても大丈夫かなと思います。

 

 

現在のところは配当目当ての買いも多いかもしれませんが、中長期的な目線で上昇相場ができそうな予感です。私は、リコーと同時にいくつかの株価を購入したのですが、ここが一番長くもてそうです。

 

 

5年周期のチャートを見るときれいなダブルボトム

 

まだまだ、完全な上昇相場になっているわけではありませんが、5年周期のチャートを見てもダブルボトムを形成しています。なので、ある程度長期で見ても安心してもてるでしょう。

 

 

 

私の場合は、あとはどこで買い増しをしようかなと考え中ですね。1,065円でするか、1,213円のところでするか。そういったところを検討しながらゆっくりと見ていこうと思います。

 

 

5年間のチャートを見ると本当にきれいなダブルボトムを形成していますよね。ちょっと持ち合いに入ったところでそれも一気に突破しそうな感じなので、持っているあなたはホールドするべきかなと思います。

 

 

ただ、いくらで買ったかにもよりますが803円のところでは損切りを置いておく必要はあると思います。私の場合は、損切り2%のルールがありますので、損切りポイントは975円に置いています。

 

 

いわゆる逆指値ってやつです。この逆指値があるから、一日中何も気にせずに株価を気にすることなく仕事に集中することができます。損切りもそうですけど、自分のルールを作ることが安定して15%から30%の利益を毎年出す秘訣ですので、ルールをつくりましょう。

 

 

投資の売買ルールについては、また別の機会に詳細にお伝えしたいと思います。とりあえず、今日は、リコーの株価を1月25日に購入していたこと。損切りにかからないかぎりはしばらくは放置で推移をみておくこと。

 

 

そういった取引を私はやっていくという報告になりますね。もし、私の投資方法が気になるのであればまた遊びにきてくださいね。すべてをお見せすることはしないと思いますが、そのエッセンスは十分に伝わると思います。

 

 

タートル森高の投資の基本はトレンドフォロー

 

私の場合は、いろんな投資方法がある中でもトレンドフォローというちょっと長く持つ手法をメインにしています。安く買って高く売るのを長期的に見てやっていっています。基本的には、損切リをしますが、長い株については損切りせずに5年間保有というやり方もしています。

 

 

基本的には損切りしているのですけどね。これは、ルールに当てはめてやっているので説明が長くなってしまうのでまた別の機会にお伝えしていきますね。ちなみにリコーの株価については、1年前後の投資を考えています。

 

 

強い相場が出れば、利食わずもっておくんですけどね。あくまでも基本はトレンドフォローなので、安いところで買って高いところで売る。何年間にわたってもそれをするというのが私の投資の基本スタイルです。

 

 

以前は、スイングトレードもしていたのですがスイングだとどうしても仕事に行っている時間がなかなか難しい時がでてきますので、長く安定的に稼ぐという手法をとっています。これらのことについてはまた別の機会に詳しく書きたいと思います。以上、タートル森高でした。